2016.06.24 ( Fri )

日東駒専とMARCH偏差値60の分け目の戦いの意味


勉強する子供

子どもの頃に「勉強しなさい」と毎日のように言われた経験のある人も多いでしょう。

子供というものは、どの世代でも親に勉強をするよう尻を叩かれるものです。

小学校の時には一見無意味に感じた書き取りも、単純な足し算の連続なども、非常に長い目で見れば、念頭に置いているのはやはり大学受験だったはずです。

 

よりよい環境で学習を進め、なるべく世間体のいい大学、就活で有利になるような大学に入れるために、小学校や下手をすれば幼稚園に入る時からお受験をして、「良い大学」を目指すのがエリートの常識となっているようです。

 

このように親が子供を「良い大学」に入れようとするのは単なる自分たちの見栄のためではなく、卒業した大学によってその後の人生がある意味変わってしまうという事実を見越したうえでの合理的な選択でもあるのです。

 

やはり、もっとも顕著に表れる大学の差というのは、その卒業生別の年収の差、それを生み出す原因となる「学歴フィルター」の存在でしょう。

ほかにも、会社という組織の中での大学ごとの学閥組織の影響やOB、OGの絶対数の問題や、もっと目先の話でいえば、学生時代の充実度というものまでが「良い大学」かどうかで左右されるのも事実です。

 

このように、選択大学によっては大きな差を生み出してしまう大学選びですが、ここでは具体的にどのような差、有利不利が生まれえるのか、さらにはどの大学に進むのが有利なのか、など考察してみました。

日東駒専とMARCHとの間にある埋めがたい谷

「日東駒専」「MARCH」という言葉は受験を経験した人ならおそらく一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「日東駒専」とは日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学というだいたい同じくらいの偏差値の大学をまとめて呼ぶときの造語です。

同じく「MARCH」とは明治、青山学院、立教、中央、法政という偏差値60付近の大学の総称です。

 

この「日東駒専」と「MARCH」との間には正直偏差値で見れば紙一重の差しかないのが現状かもしれません。

その数値の差としては大体3、4程度。模擬試験で言えば300点満点で10点くらいの差しかない。

さらに、くわしくみれば、例えば「日東駒専」の難しい学部などはMARCHの簡単な学部の偏差値を超えている場合なども見かけることがあります。

 

いまの学歴社会を支えている根拠が、高偏差値の学生のほうがより優秀である、という常識であるとするならば、このように学部別の偏差値を見ずに、大学群によってのみ学生を評価するのは不合理ではないでしょうか。

 

確かに昔のように学生が自分の身の程にあった企業にのみエントリーをするという状況なら、その学生の学部単位での評価、もっといえば個々人の人格や能力で選別することは可能であったかもしれません。

 

実際に学歴が低くても優秀な人も居たり、良い大学を出ていても優秀ではない人もいるのが普通ですから、学歴を見ずに個々の能力で選別する方が合理的で良いはずです。

 

しかし、今や学生は全てネット上で企業にエントリーすることが出来、採用実績のないような手の届かない企業に数十件数百件とエントリーするような状況になっているのです。

 

そのため企業側からすると、その様な数万件ものエントリーの中から何かしらの選別基準を設けなければならないから、もっとも信頼できる基準として学歴を置かざるを得ないというのは、とある企業説明会で大手の企業の採用担当者さんから聞いた話です。

 

そのため採用にあたっては、最初の選別では個々の能力は一切見られることはなくただ機械的に学歴のみでエントリーを絞ったり、説明会段階で絞っていることも多く、それは今の就職活動エントリーの方法上避けられないものだというのです。

 

そしてその絞りのギリギリの境界線上にあるのが「日東駒専」と「MARCH」の差ということが多いとの話も聞かせてもらいました。

この「偏差値60群」と「それ以下」の差は予想以上に大きいのです。

偏差値60でフィルターが敷かれる理由

大学受験

偏差値は単に数値とその人数の比例関係にはなく、より偏差値が高くなるほどにその絶対数は一気に減っていきます。

偏差値の中心は50が最も人口分布の多い数値で、50以下や50以上になるに従って人数は減っていきます。

偏差値55は人数の割合にするとおよそ30%ですが、偏差値が60になると全体に占める割合は約16%と偏差値55の半分ほどに減少します。

いうなれば偏差値55は「多数派」で、60を超えるあたりから「少数派」の部類に入るといえるでしょう。

 

正規分布曲線
http://hon.gakken.jp/reference/column/highschoolexam/article/090422.html

偏差値
http://www.juku.st/info/entry/211

つまり、「偏差値60以上あれば優秀」とみなしているのではなく、「平均より上」かどうかを判断するために、偏差値60を基準としているのです。

どの大学も学部や年度によって偏差値は変動しますが、大学としての平均をとるとMARCHは60以上、日東駒専は55前後となり、まさに多数派と少数派の境目がMARCHと日東駒専を隔てているわけです。

http://www.toshin-hensachi.com/

そしてこの溝の深さは就職活動の際にリアルな現実として目の前に現れるのです。

どの大学から何人が大手企業に行っているのかは簡単に調べることができますが、「MARCH」からは一定数が大企業へ就職しているのに比べて、「日東駒専」となるとその数が劇的に減少してしまうのです。

 

これは、表向きには隠されている「学歴フィルター」が原因だと考えられます。

この「学歴フィルター」の存在が明白に示された事件が去年起こったのは記憶に新しいでしょう。

 

ゆうちょ銀行を志望した専修大学の学生が説明会に専修大学の学生としてエントリーしたところ、「満席」と表示されたのだという。そこで、まさかとは思ったが、他の「MARCH」クラスの大学でエントリーしたところ、簡単に説明会の予約が取れたというのです。

 

この事実は瞬く間にTwitterで広まって、世間に「学歴フィルター」の存在がはっきりと示されることになったわけです。

しかしよく考えればそんなことは誰でも常識的に知っていることで、むしろ「学歴フィルター」の存在の証明よりも、どの大学群で選別をしているのかという最低ラインが見えたことにこそ本当の意義があるのではないかと思います。

 

どんなに企業側が「学歴不問」と言ってみても、現実に学歴フィルターが存在するのは明白です。

そして、その基準となるのが偏差値60ということになります。

高度経済成長期に始まった熾烈な学歴社会は近年になって緩和されたかのように思われますが、実はその逆で「学歴フィルター」なる造語があたりまえに通用するほど、学歴偏重は強まっています。

 

それはなぜか。高度経済成長期以来、順調に発展を続けてきた日本経済は90年代に入るとバブルの崩壊とともに失速、急降下してしまいます。

その後、企業は低迷を続ける国内経済に見切りをつけて海外へと活路を求めました。

国内での就職率は一気に下がり、フリーターが急増して、低所得者層が増加しました。

 

仕事がないから収入がない。収入がないから結婚できない。結婚できても金がないから子供をつくれない、という層が増えた結果、少子化が急激に進み、大学へ進学する年齢層の人口が減少してしまいました。

全入時代といわれるほど進学率は上がりましたが、学生全体の母数が減ったために、企業が優秀な人材を奪い合う状況が生まれてしまったのです。

 

もとはといえば国政や企業が国内の雇用を維持できなかったために人口減を招いた結果なのですが、結局そのしわ寄せは後の学生に来ることになってしまいました。

学歴フィルターなる言葉が生みだされたのも、こうした背景があってのことです。
http://benesse.jp/kyouiku/201601/20160113-2.html

「一浪してでもMARCHに行け」は本当か

よくネットの掲示板や質問サイトでは“「日東駒専」と「MARCH」の差なんてほとんどないのだから、現役で「日東駒専」に行け!”や“「日東駒専」と「MARCH」の差は大きすぎるから、一浪してでも「MARCH」に行け!」”という戦いが日夜繰り広げられています。

 

確かに偏差値の数字だけを見たら、たった5ほど伸ばすためだけに一年間も浪人として過ごすのは不合理であるように見えるかもしれません。

しかし、偏差値を”5″上げるということは、全体の30%からさらに上位の15%群に入ることを意味しています。

そのためには、25%に相当する人たちを追い抜くかなければなりません。

 

しかも、現在の学力で現在の偏差値を維持できるかというと、そうではありません。

現在、自分より下位にいる人たちが全体として底上げしてきたときに、自分の学力レベルが今のままなら偏差値は下がってしまいます。

偏差値を一定以上に保つということは、常に学力を向上させていないと実現できないのです。

 

その結果として、偏差値上位の大学に在籍している学生は「少数の優秀」な学生とみなされるわけです。

企業側も大企業になればなるほど応募者も多く、ESや履歴書から個人の資質を読み取るなどという手間ひまはかけられないのが現状です。

しかも、もし採用担当者がMARCHを選ばず日東駒専から採用したことが上司に知れたら、叱責される可能性もないとはいえません。

 

しかし、偏差値だけでそこまで差がつくものでしょうか。

偏差値だけを見れば、学部によっては逆転するケースもありますし、他の大学に目を向ければ同じ偏差値の大学はいくらでもあるでしょう。

MARCHと日東駒専の間にある大きな差とは、大学のブランド力にほかなりません。ブランドとしてMARCHは日東駒専より上位とみなされているのです。

 

しかし、就職した後まで大学のブランドが通用するかというと、それは違います。

学閥のパワーバランスやブランド大出身者同士の競争が待っていますし、実力が伴わなければ、期待が大きいだけに失望も大きいからです。

 

また、現代の就職というのはゴールではなく、スタート地点に過ぎません。

かつて経済が右肩上がりでイケイケだったころの日本なら、大企業に就職すれば一生安泰でしたが、現代社会においては一流といわれる著名な企業のモラルが著しく低下しており、いつ何が起きても不思議ではありません。

 

しかし、大学のブランドによってスタートラインの位置が違ってしまうのは事実です。

ブランド力のない大学出身者は後方からのスタートを余儀なくされるので、相応の努力なくして先行するブランド大出身者に追いつくことはむずかしいでしょう。

そういう意味では浪人して1年を費やし、ブランド大学に進むのも選択肢としてはありかもしれません。

 

しかし、そもそも偏差値55に甘んじている人が、偏差値60に到達することの困難さもまた、いわずもがなです。

どちらの道を選ぶのか。それは個人のやる気と素質に負うところが大きいでしょう。

「就職に強い日大」の存在感

大学のOBOGの存在は在校生にとって非常に大きな影響力をもっています。

有名なところでは慶応大学出身者による三田会や交詢社、早稲田大学出身者による稲門会、東大の同窓会である通称・赤門会などがあります。

東大閥は官僚や法曹界や政財界に強く、慶応閥は政財界や実業界、早稲田はマスコミや出版業界に強いといわれています。

 

これらの学閥は大学出身のOBやOGによるものですが、OB/OGの輩出数からいえば、早慶でも東大でもMARCHでもなく、実は日東駒専のひとつ日本大学がダントツのトップなのです。

学生の数では2位の早稲田大学4万4千人を大きく引き離す6万8千人を誇ります。

また、社長を輩出した大学としても、2位の慶応大学・約1万2千人に対して、約2万3千人と2倍近い差をつけています。

 

学生数の多い大学
収容定員数・学生数が多い大学/旺文社
http://eic.obunsha.co.jp/resource/pdf/jitsuryoku/20140407.pdf

社長の多い大学
2015年全国社長分析/帝国データバンク
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p150107.pdf

学閥やOB、OGの多さからいえば最も有利なのは日本大学といえるでしょう。

ちなみに貸しレコード店のアルバイトからエイベックスを創業した松浦社長や、楽天からスピンアウトしてGREEを興した田中社長も日大の出身です。

実際に採用の現場から

なぜこのような文章を書いてきたかというと、実は自分は「日東駒専」の出身で、本当に自分の身をもって就職活動の苦しみを味わった実体験があるからなのです。

 

試験の手応えで「絶対通った」と思っていた面接で意味も分からないまま落とされて、あとで聞いてみると、その会社の試験では一定の段階を越えたところで「MARCH」以上しか残さない方針なのだとか。

 

さらにいえば、自分も入社して3年が経ち今は就職活動に訪れる学生を面接する側になったのですが、残念ながら自分の会社にもこの「学歴フィルター」の存在があることを、はっきりと上司に教えてもらったのです。

 

たまたま自分は例外的に「日東駒専」から運良く入社できたのですが、自分の会社の方針として「基本的にMARCH以上」という「暗黙の判断ライン」があって、そのラインに達していない場合は無条件に落とされてしまうというのです。

 

自分自体も会社員という雇われる立場である以上、残念ながら方針を変えられるような力はありません。

なので、自分の後輩が面接に来た場合には心の中で「ごめんね」と言いながら学校名だけで不合格のサインを出してしまっているのです。

 

ただし、あくまで「目に留まる何かがあれば例外が生まれ得る」ということは最後に付け加えておきます。

実際に私の場合は学生時代にサークルの代表をしていた経験があり、その集客能力で誰にも負けない自信がありました。

そのことを熱意をもって語ることで、本来開けない道を無理やりにでもこじ開けられたのですから。

まとめ

このように「MARCH」と「日東駒専」の差を実体験をもとに見てきたわけですが、人生を左右しかねない大学選びの1つの指針になればと思います。

偏差値のみで考えるのではなく、大学のブランドを視野に入れて進路を選択することも重要なのです。

 

しかし、先にも述べましたが就職することがゴールではなく、ましてや大学に入学することがゴールなどではありません。

大学はスタートラインに立つための準備段階であり、どのようなスタート地点を選び、どんなゴールを目指すのか。それこそが最も重要なことなのです。

 

近年はMARCHどころか、国立や早慶上智レベルの大学出身者が企業に適応できず学歴難民、高学歴プアとなってしまう例が増えているといいます。

会社組織にとって人材は最も重要な財産の一つです。

そこに学歴フィルターをかけて自らの視野を狭めているような企業に、このような学歴難民がうまれるのではないでしょうか。

大学はブランドで選んでも、就職先だけはブランドではなく、中身をしっかり吟味して選ぶべきでしょう。

Recommend-関連するオススメの記事-

後 援

JIHDO 公益財団法人 国際人財開発機構

協 力

FRESH! by AbenaTV

pagetop

Copyright© 大学生活を有意義にする実行委員会. All Rights Reserved.