2016.07.02 ( Sat )

先輩の履修情報を有効活用! 進め、楽単コレクターへの道!


教授
前回『あなたが知らない「楽単」の素顔!失敗しない履修登録のコツとは?』に続き、今回も大学生の強い味方「楽単」について特徴や攻略法を見ていきましょう。

 

【まだまだある大盤振る舞いな「楽単」たち】

 

「評価はレポートのみ」「評価は出席のみ」という「楽単の2本柱」について前回は紹介しましたが、「楽単」授業のバリエーションはまだ他のパターンもあります。

 

たとえば「毎年同じ試験問題を出し続ける」というスタイル。

 

たしかに学問の中にはすでに完成してしまっているものもあり、そのような場合は、時事や社会情勢、法律の変化などにも左右されません。

 

毎年同じ内容を講義し続けるのだから毎年同じ問題を出題する・・・教授の手抜き感が否めませんが、そこは「楽単」として喜んで単位をもらえば良いのです。

 

なかには、教授が自分の著書の売上を毎年確保するため教科書として使用させ、その内容を「教科書持ち込み可」として忠実に書き写すだけで単位をくれる講義もあります。

教授もまた人間、Give&Takeってことですね。

 

【持ち込み可が「楽単」とは限らない】

 

中には「教科書持ち込み可」以外にも「すべて持ち込み可」という試験形式も見かけます。

これは講義のノートやレポートから、教科書、パソコンまで何でも持ち込んで良いという「何でも来い」の方式です。

これを逆手にとって「友達」を持ち込もうとして本当に許可されたというウソのような武勇伝もあるようです。

 

ただし、「持ち込み可=楽単」と考えるのは危険です。

仮に持ち込みに関して制限が無いとしても、そもそも試験には時間的な制約が当然あります。

もし事前に勉強をしていなければその場に教科書やノートがあっても十分に役立てられない事態になってしまうのです。

「何を調べていいのか?解法の公式はどこにあるのか?」を探しているだけで試験時間がなくなってしまい、結局宝の持ち腐れになってしまうのです。

 

あくまで「持ち込み可」は最低限の勉強を事前にしているのを前提にしたものだと理解しておいた方が良さそうです。

 

【資格取得やイベント参加が単位になることも】

 

他にも、授業に出席なしでテストも受けずに単位をもらえる「楽単」のケースも存在します。

 

大学によって異なりますが、資格取得を単位認定の条件に課すような場合で、「簿記3級=60点(C評定)、簿記2級=80点(A評定)、簿記1級=100点(A+評定)」を与えるというような方式で、授業に出席してテストを受けても良いし、資格取得に精を出しても良いというフレキシブルな対応が可能なので、幅広い学生に人気があります。

 

また、地域のイベントやお祭りなどのボランティアスタッフとして参加することで単位をもらえるケースもあります。

近年では「大学の地域共生」がテーマとされる機会が次第に増えてきていて、机上の座学の形式にとらわれずに、地域の先人たちとの時間の共有を積極的に持たせる試みなどがあり、「面白くて単位ももらえて、地域貢献にもつながる」と一石二鳥、一石三鳥の「楽単」と言えるでしょう。

 

また、「産学連携」を単位に組み込むケースも多数あり、企業へのインターン参加やビジネスコンテスト出展などが単位として認定されています。

将来的な「就活」につながる経験を積みながら単位にもなるので「楽単」というより役に立つ「役単」ですね。

 

【テスト一発勝負が向いている場合も】

 

ここまで「楽単」の特徴として、出来る限り定期考査での一発勝負を避ける方法で例をあげてきましたが、実は「出席点なし。定期考査のみで評価」という授業が「楽単」になる人も居るでしょう。

 

特に理系の数学的分野などでよく見られるのが「定期考査のみ」という評価方法です。

これは「失敗するとすぐ単位を落とす危険性」を秘めていますが、普段の授業に出なくても教科書等できちんとした内容理解がはかれていれば問題ないことを意味しますので、その内容が得意な人にとっては「楽単」、不得意な人にとっては「落単」という、正反対な性質を持っていることになるのです。

 

このように、一言で「楽単」といっても、万人に共通で通用する性質のものから、特定のごく一部の人にしか当てはまらないものまで中身はいろいろあるのです。

 

【楽単集めの情報源はどこから?】

早稲田大学マイルストーン誌

では、そんな楽単情報はどこで集めたらいいのでしょうか?

 

1大学別の授業評価情報誌

2新歓時期のサークルの履修登録相談会

3直接の学部の先輩、大学に先に入学している高校の先輩など

4WEBやアプリなど

が主な情報源として考えられます。

 

まず、最も有効なのは①に挙げたような大学別の「楽単情報誌」を参考にすることです。

・早稲田大学=「Milestone Express(通称:マイルストーン)」

・慶應義塾大学=「リシュルート」

・明治大学=「Uni:gate(通称:ユニゲート)」

・法政大学=「オレンジプレス(通称:裏シラバス)」

など、各大学ごとに入学式直前にあたる3月下旬から大学近辺の書店や4月入学期の新歓サークルブースなどで販売されます。

 

これらの特徴は、大学側が発行するシラバスと違って、「実際に講義を受講した学生目線で感想を集約」したものなので、「単位を取りやすかったかどうか?」「評価はどのように行われたか?」「講義は面白い内容だったか?」など「先輩の生の声が集約されている」ので完璧です。

 

「教授の板書は丁寧か?」「眠くならないか?」「教科書は購入しなければならないか?」など、受講を考えている新入生にとって必要な情報が「最新」かつ「全教科網羅」されているので、これらの大学では購入しないだけで完全に履修登録段階で出遅れてしまうといっても過言ではないでしょう。

 

講義アンケートは毎年12月~1月に集められた最新の情報に毎年更新されて発行されていて、毎回アンケートの収集母体は各冊子とも1000人以上から集められているので「最新かつ正確な情報源」として絶対に見逃す手はありません。価格も300円から550円とコストパフォーマンスの面でも申し分ありません。

 

【楽単情報誌が無い場合は?】

 

本当は1.のような便利な「楽単情報誌」があれば良いのですが、これらは生徒数の多い超有名大学以外では、そこまで体系立ててまとめられていないのが現実です。

 

そこで2.に挙げた「サークルの履修登録説明会」というのも、先輩たちの生の声を聞くことのできる大きなチャンスです。

 

基本的には新歓時期に各サークルは新入生を集めるためにあれこれいろんな企画を行います。

花見をやったりボウリング大会を開催したりアミューズメント的な内容のものに混じって、大学内のブースで「履修登録のお悩み相談」を開催している場合も多いので積極的に利用してみるのも良いでしょう。

 

本当に興味のあるサークルの説明会に参加するのが理想ですが、新歓時期はどのサークルも基本的に「来る者は拒まず」の場合が多いので、思う存分先輩の声を聞いてみるチャンスです。

この際に1.に挙げた「楽単情報誌」を編集しているサークルの先輩の話を聞けると、その情報量に驚かされることでしょう。

 

また、3.「学部や高校時代の先輩」を情報源にするのも良い方法です。

直接的な知り合いが居ない場合でも、入学直後の学部オリエンテーションやクラスオリエンテーションに参加した際や、大学生協主催の新入生イベントに参加することで2年生や3年生の先輩と話せる機会があるのであまり不安になる必要はありません。

 

最後に4.「WEBやアプリ」を有効利用する方法もあります。

ただし、この場合は「情報の鮮度が不明」な場合があったり、「個人の主観的な意見でしかない」ことも多いのが欠点です。

「情報提供者の顔が見えない」点においても、情報の信憑性自体に注意が必要です。

 

【まとめ・情報のアンテナを張り巡らそう】

 

「楽単」を

探す過程に

「楽」は無し!(新入生への心の俳句)

 

大学の履修登録は情報戦!

試験の時期に後悔しないで済むように、できるだけ正確度の高い情報を効率的に集められるよう、同じ新入生仲間や先輩など、あらゆる方面にアンテナを張り巡らせておきましょう!

Recommend-関連するオススメの記事-

後 援

JIHDO 公益財団法人 国際人財開発機構

協 力

FRESH! by AbenaTV

pagetop

Copyright© 大学生活を有意義にする実行委員会. All Rights Reserved.