finding employment

就活

2016.07.10 ( Sun )

大学で遊んでいるのは情弱!賢い人はダブルスクールで学んでます!


ダブルスクール

「ダブルスクール」という言葉を知っていますか?

これは大学に通いながら資格取得のために大学以外でさらに資格専門学校に通うことを意味します。

入学式で配られる新入生向けの冊子の中にも「資格の○○」といった資格専門学校のチラシや紹介冊子がたくさん入っているのに気付くことでしょう。

 

イメージで言うと、高校までの放課後に塾や予備校に通ったケースに近いものですが、果たして大学でダブルスクールに通うことのメリット・デメリットは一体どのようなものでしょう?

また、高校までと異なりサークルやアルバイト、ゼミ、飲み会など数々の予定がある中で資格専門学校に通う時間や余裕が本当にあるのでしょうか?

 

今回はそのような「大学生のダブルスクール事情」について考えてみましょう。

 

ダブルスクールをするメリット:1 より専門的なことを学ぶことができる

 

大学と資格学校をかけもちするダブルスクールの最大のメリットは、専門分野を絞った分、より専門的に学習できる環境ができることです。

高校時代に大学受験を経験した人は思い返してみれば、それに近いような環境だと考えれば間違いありません。

 

国語の場合でも、現代文専門、古文専門、漢文専門、論文専門といったそれぞれの分野に特化した先生が居たように、資格専門学校には教科や分野に細かく分かれた専門の先生がスタンバイしています。

 

最初はそれほど専門的な内容ではなく、基礎の内容から始まったとしても、反復、復習していくうちに、より専門性が高い内容になっていき、いつの間にか外部の学生に比べて、知識量・理解力が身に付いていきやすい環境をそろえてくれている点が、まず大きな魅力と考えられるでしょう。

 

ダブルスクールをするメリット:2 質疑応答が自由にできる

 

大学の講義は、特に一般教養科目の場合などは大教室で100人200人という大人数対象に理解させることを主眼に置いて展開、解説されるのに対して、資格学校は比較的少人数の構成で「個人」の理解力や学習ペースに合わせて、授業が進めてくれる場合が多いようです。

 

大学のような大衆向けの講義で人数が多ければ多いほど、その中で「質問しにくい」「発言・意見を述べにくい」といった不平不満が生まれるケースも多いのですが、資格学校で個人にスポットを当てた環境の場合には、1つの疑問や質問に対して、どんな場合にでも先生や周囲が真摯に対応してもらえるので、疑問をその場で解決することを繰り返すうちにどんどん理解が深まり、理解の深まりを実感と感じられるようになる傾向があります。

 

ダブルスクールをするメリット:3 縦と横のつながりができる

 

資格学校の場合は、その学校から出た合格者をメンターとして採用し、後輩に指導する機会が与えられるケースが多く見られます。

 

ある資格学校の例では、資格取得後の実務演習も兼ねて、事務仕事や指導補助を任されるのですが、これは学習者の立場から考えると、直前まで同じ試験に臨んでいた「等身大の“生”の受験のアドバイスや勉強方法を聞くことができる」ので、非常に親近感がわくとともに信頼できる指標となることでしょう。

 

このような縦の繋がりができやすいだけでなく、同じ生徒同士が同じモチベーションを持って集まってきているので、よきライバルと横の繋がりを築くこともできます。

モチベーションの持ち方の参考にしたり、疑問点が出た場合に同じ学生同士の目線での考え方・工夫の仕方を補いあうことで相互に補完し合う関係を築ければ、困難な資格取得への力強い道標とすることもできるでしょう。

 

ダブルスクールをするメリット:4 資格試験対策に特化した勉強ができる

検定

 

大学の講義に対して、資格学校の講義内容の方が大きく勝っている要素として「資格取得だけに特化した講義内容」を「資格試験経験者目線から教えてくれる」ことが挙げられます。

あくまで大学の講義は一般論的な中身を一般的な手順で教えるような方法が一般的ですが、それに対して資格学校の授業は「点数に繋がる内容だけをピンポイントで掘り下げる」ような内容をとります。

必要な部分のみに照準を置いてそれ以外は大胆に省略する「最大限の効率化」を念頭に置いた授業進行が行われます。

 

その意味において「専門分野に特化して学習できる」=「資格勉強するには資格学校」といえるかもしれません。

 

大学の場合、「簿記入門」「簿記演習」「会計学入門」「会計学」「簿記試験講座」など、大学側があらかじめ決めたカリキュラムや内容から自分の学びたい講義を自由に選ぶ形式が主流なのですが、これは実は非効率な要素を含んでいます。

 

担当の教授によって照準の当て方がぶれていたり、同じ内容がかぶったり無かったりするケースがあるため、体系だてた受験対策としてはどうしても不十分になりがちなのです。

 

それに対して、より専門的な内容をより効率的に学べるように講義の順番から内容の細部に居たりまでを専門のテキストで管理し「合格のためのロードマップが明確に設定されている」のも受験合格請負人ならではの実績と経験に裏打ちされたものなのです。

 

中には、大学に居ながらにして大学の講義より進んだ内容を学べるように、大学と資格学校とがコラボレーションした公開講座を独立して設置している学校もあります。

 

たとえば都内の大学場合、公認会計士の道に進むなら「公認会計士試験対策講座」、税理士の道に進むなら「税理士試験対策専門講座」など、自分の専門分野をより深く学べる講座や資格取得をサポートする対策を行っており、資格学校に通わずとも大学内で学ぶことも可能なので一度チェックしてみても良いかもしれません。

 

ダブルスクールをするメリット:5 合格者の意見・勉強方法をアドバイスしてもらえる

 

どんな資格の場合でも、一人で学ぶのではなく、合格者やその分野で活躍している人を見つけて学習することが、自身のモチベーションや目的意識を再確認できるという体験談もあります。

 

その意味で、今まで独学で学習している人や資格勉強対策に悩んでいた人も、資格学校に通うことはその問題を解決する可能性を秘めています。

自分が行き詰ったりやる気が乗らないような状態に陥った時に、同じ目標に立ち向かっている周囲の姿を見ることで案外心が休まることもあるのです。

 

最近注目されている、現役在学中に難関資格・国家試験を合格する学生たちも、その多くがダブルスクールに通う形を通じて、合格者の意見やアドバイスを参考にしながら勉強に励んだ結果だと体験談を通じて述べています。

 

ダブルスクールをするデメリット:1 金銭的負担が大きい

 

では反対に、ダブルスクールに通うデメリットはどんなものでしょうか?

 

まず真っ先に浮かぶデメリットとして、独学に比べて圧倒的に金銭的な負担が大きくなるのは避けられません。

特に一人暮らしでアルバイトで生計を立てている場合や、奨学金受給などでギリギリの生活を送っている人などにとっては高額な費用は非常に厳しいものになるでしょう。

 

本番前のプレテストなど、資格学校は独自に分析した内容、出題傾向に応じた内容など要点を絞ったものがきちんと用意されているので、比較的、勉強効率が上がるのではと考えられていますが、資格によっては年間50万円100万円と高額な費用がかかるケースが一般的です。

 

「時間(効率)をとるか?安さをとるか?」を考えることは、ダブルスクールを考える学生にとっての永遠の課題となっています。

 

ダブルスクールをするデメリット:2 遊ぶ時間がなくなる

 

ダブルスクールの場合は、カリキュラムや課題の進め方が決められており、資格学校内で一定の勉強量をコミットされる形になります。

良くも悪くも資格試験を念頭に置いた上での必要な道筋が用意されるわけですが、反対に言うとそこで「自分の時間」「自分の理由」は優先の対象から除外されます。

 

本来の大学生活は「自由な時間の使い方」を自分で決定することができるのですが、ダブルスクールに通うことで、それこそ高校までの塾通いに近い「拘束された生活体系」を歩まなければならなくなります。

 

特に大学生活でサークルや部活など他にやりたいことがある場合にはどうしても時間の絶対数が足りなくなったり、資格学校の授業が大学終了後のサークル時間と被ってしまうためにサークル活動をできなくなる点には十分注意が必要でしょう。

その意味において、1年生のうちからいきなりダブルスクールするのではなく、ある程度サークル活動などが落ち着いてから2年生3年生になってから通い始めるのも1つの選択肢でしょう。

 

ダブルスクールをするデメリット:3 在学中に資格取得できない可能性

 

また、ダブルスクールで通学したからといって、必ずしも在学中に資格試験に合格するとは限りません。

特に、公認会計士や法律系など難易度の高い試験に関しては、大学在学中に合格できる可能性の方が限りなく低いものです。

 

毎年1回や2回しか無い試験でその合格率が10%や20%の試験のケースを考えると、普通に考えて合格までに数年を要する計算になります。

もちろん勉強は知識の積み重ねであることを考えると、準備期間が長ければ長いほど試験を突破する可能性は高まりますが、本当にその時間に大学生としての限られた時間を充てる価値があるのかは一考してみなければなりません。

 

現実問題として、ダブルスクールのカリキュラムは大学生だけをターゲットとしているものではありません。

現役大学生は、時間に余裕のある資格勉強生に比べて物理的に割くことのできる時間にも限界があります。

その結果として折角高いお金を出して申し込んだのは良いもののモチベーションが続かず途中で断念するケースも多いのです。

ダブルスクールをするデメリット:4 資格は就職に有利なツールとはならない

 

時間や金銭的に困難の伴うダブルスクールという選択をしてまで資格を取得するのはなんのためか。多くの大学生は「就職のため」と答えることでしょう。

しかし、本当のところ資格は就職活動に必須どころか、就活において格別有利にはならないのが現実です。

もしも就活を有利に進めるために資格を取ろうと考えているのなら、それこそお金と時間の無駄になってしまうでしょう。

 

リクルートキャリアが発表した「就職白書2016」をみると、採用において企業が重視するポイントと学生がアピールしようと考える項目には大きな差があることがわかります。

企業も学生も第1位は人柄ですが、企業側は9割以上が人柄を挙げているのに対し、学生側は約53%と自分自身に自信が持てない人が多いようです。
就職白書2016
リクルートキャリア 就職白書2016
http://data.recruitcareer.co.jp/research_data/hakusyo/hakusyo_2016.pdf

 

以下、学生がアピールしたい3位アルバイト、4位サークル活動についても企業はあまり評価していないことがわかります。

2位については企業、学生ともに「自社/その企業への熱意」となっていますが、企業80%に対して学生30%と温度差ははっきりしています。

 

この結果を見る限り、資格取得は就活において強力な武器になるとはいえませんね。

企業側は、資格などよりも「入社を志望する会社のことをもっと勉強してほしい」と思っているので、ダブルスクールに時間を割かれて志望する業界や企業の研究がおろそかになっては本末転倒です。

 

ダブルスクールをするデメリット:5 資格はマイナスポイントになることすらある

 

資格を持っていることは就職において評価ポイントにならないどころか、マイナスポイントになることすらあります。

国家資格の中で、司法試験、税理士、公認会計士などの業務独占資格は、これらの資格を取るための学部での講義に直結しているのが普通でしょう。

そのほか、保険師や管理栄養士などの名称独占資格も同様です。

 

しかし、人気の高い資格ではありますが、ファイナンシャルプランナーや宅建主任、中小企業診断士などは企業側から見て、「あってもなくても良い」資格であり、それよりもゼミでの研究や語学力のほうが高く評価されます。

 

逆にこれらの資格を持っていて、ゼミにもインターンにも行かずTOEICの点数も低かったりすると、企業から「資格は就活対策」と勘繰られてしまうリスクがあります。

特に、数カ月から1年程度の準備期間で取れるような資格の場合は注意が必要で、資格を取る前にゼミでの研究や語学力の向上に努めるのが先決でしょう。

 

近年、語学力を重視する企業は増えており、楽天750以上、ソフトバンク730以上、ファーストリテイリング700以上、アサヒビール650以上といわれています。

NEC、日立、富士通の大手電機メーカー、王子製紙、大和ハウス工業、ニトリホールディングスなどが600以上としているので、TOEICの基準点は600程度と考える必要がありそうです。

 

もちろん、TOEICが400程度だからといって他の資格に走るのではなく、高い目標を掲げて勉強を継続し、目に見える形で点数をアップしていけば、面接の際に「TOEIC ○○点を目指して勉強を続けています!」とアピールすることができます。

 

企業が採用基準で重視する項目の第3位は「今後の可能性」です。

求められるのは、自ら高い目標を設定できる人物であり、その目標に向かって努力と工夫を欠かさない人物です。

未来へ続く可能性とは間違いなく継続性の上に成り立つものであり、過去と現在なくして未来はあり得ません。

継続性というのは将来に期待をさせるために欠かせない重要なポイントなのです。

 

正しい資格を選んで自分の人生を豊かなものにしよう

 

正しい資格の選び方とは、

 

・在籍する学部での勉強や研究に沿った資格

建築や医療、福祉など在籍する学部での勉強や実習に直結する資格であれば問題なし。

大学での4年間の研究の結果として大いにアピールすることができるでしょう。

 

・就職先の企業や業界に関係する資格

企業が採用基準で重視するのは自社への熱意です。

就職を希望する企業や業界に直接関係する資格であれば、企業も自社への熱意として評価してくれるでしょう。

就職先として人気の高い金融関係ならば、FPのほかに金融窓口サービス技能士などはどうでしょうか。

IT系やベンチャー系ならば知的財産管理技能検定がおススメです。

 

大学生の就活において、資格はあまり大きな評価ポイントとなりませんが、社会に出てからの人生では非常に大きな戦力となる場合があります。

たとえば、大学生のうちに取得した資格を社会人になってからもブラッシュアップしていけば、昇進やプロジェクトリーダーに抜擢されるきっかけとなる可能性が高まります。

 

また、仕事の上で独り立ちできるようになった際、転職や独立に役立つ資格もあります。

就活における資格は、じゃまにならない程度に考えておけばよいのですが、せっかく時間とお金をかけて資格をとるならば、目の前の就職などではなく、これからの人生において真に役立つ資格を目指すことをおススメします。

 

まずは資格を取ることを目標にするのではなく、せっかく入った大学で4年間何をするのか、卒業時に自分がどのような人間になっているのか、をじっくり考えましょう。

その上で、資格を取るもよし、ゼミやサークルに精を出すのもよし、アルバイトにやりがいを見出すのもよし、でも、常に自分の中身を磨くことを忘れないようにしましょう。

「人柄」とは自分の内面そのものにほかならないのですから。

 

東洋経済オンライン

就活に焦って、「資格ハンター」になるな!
http://toyokeizai.net/articles/-/52717

 

資格の王道 国家資格一覧
http://www.shikakude.com/paje/kokkashikaku.html

 

TOEIC SQUARE
http://square.toeic.or.jp/job/c1/report.html

 

Recommend-関連するオススメの記事-

後 援

JIHDO 公益財団法人 国際人財開発機構

協 力

FRESH! by AbenaTV

pagetop

Copyright© 大学生活を有意義にする実行委員会. All Rights Reserved.