2016.08.29 ( Mon )

女子大が目を光らせる 危険なサークルリストとは?

期待に胸踊らせて大学に入学しても、危険なサークルに入ってしまったら台無しになってしまいます!危険なサークルに入らないためにすべきことは?


白百合女子大学
大学は基本的に男女共学の場合が多いです。

高校時代までは、男子校や女子高の数も多かったのに比べて、大学でそのようなケースは激減します。

事実「女子大」とう名称はあっても「男子大」という呼び名の大学は聞いたことがありません。

 

それだけ大学になると「男女間の境目が取り払われてフランクに付き合いやすい環境」ができているのですが、その中で女子大は他大学のサークルに対して厳しく目を見張らせているケースもあります。

 

白百合女子大学配布の危険サークルリスト

 

白百合女子大学は、フェリス女学院、聖心女子大学と並んで「三大お嬢様大学」と呼ばれる歴史ある大学です。

 

そんな東京の有名お嬢様学校・白百合女子大学で2015年に配布された「学外注意サークルに関するに対する注意喚起」という文書は、いわゆる「ヤリサー一覧」と言われ、大きな話題になったのです。

 

大学内の掲示板に貼られた学内生向けの文書だったのですが、その内容がTwitterに流出してしまい、当該サークルからの誹謗中傷だという反発はもとより、「週刊ポスト」などの雑誌やネットニュースにも大きくとり上げられました。

 

このような情報が流出することは稀なのですが、東京は大学が集中していることもあり、都内の女子大では毎年の入学式やオリエンテーションの場で「危険なインカレサークル」を具体的な名前を挙げて学内生に注意喚起しています。

 

東大・早稲田・慶應義塾のサークルがズラリ

 

前年の情報流出のせいで2016年には公式にこのような文書が発表されることはありませんでしたが、2015年の文書に記されたサークル名は以下の通りでした。

 

1.東京大学WEEKEND
2.MagnoGirls
3.S.O.B
4.Bey-con Entertainment
5.BLUESKY
6.SURGE
7.RULE
8.学生団体 Chouette
9.各種イベントサークル

 

クラブでパーティを主催する大規模なインカレサークルをはじめ、学生間で「飲みサー」「ヤリサー」と有名なサークルの名前がかなり多く並んでいます。

 

白百合女子大学は、新歓時期に他大学生のチラシ撒きを認めていません。

けれども、「白百合はかわいい」「白百合無しにサークル無し」と言うサークルも多く、入学式の時期には学校そばの道路を埋め尽くさんばかりの他大学のサークル勧誘が来るのです。

 

ここで名前の挙がったサークルは、実際白百合の生徒と交流の深いサークルのリストと考えることもできるのです。

 

白百合女子大学の学生の反応は?

 

自分のサークルにも白百合女子大学のメンバーが居るので、この「学外注意サークル」のリストの話を聞いてみました。

 

すると、白百合女子大学には公認サークルというものが1つも存在しない学校の方針があり、大学としてそもそもサークル活動を推奨していないというのです。

 

「大学生の本分は学業」ということで、サークル活動は必要ないとの考え方から公認サークルを認めていないのですが、結果として、サークルに入りたい学生たちが他大学のインカレサークルに入りトラブルに巻き込まれそうになるケースもあるようなのです。

 

ただ、あくまで「サークル禁止」という方針ではなく、「サークルは推奨しません」というスタンスなので、白百合の学生間SNSでが共有されているというのです。

 

その「白百合の先輩が教えるおススメサークル」に書かれた情報をもとにサークル選びをする白百合の生徒は多いのですが、なんとそのリストの書かれたサークル名と、大学側が掲示した「要注意サークルリスト」のサークル名はほとんど一致するというのです。

 

そういう意味ではこのリストに名前の挙がったサークルは「有名税」的なものかもしれません。

 

実際危険なサークル筆頭に名前の挙がった「東京大学WEEKEND」は、男子は東京大学、女子は白百合女子大学のみの構成となっていて、実際は「両大学でつくった架け橋のような合同サークル」ということです。

 

ではなぜこんな文書が出回るはめになるかと言うと、白百合女子大学だけでなく多くの大学で「所属サークル実態調査」と称されるアンケートが取られる場合があるのです。

強制力のない任意の実態調査でしかない場合がほとんどですが、そこに所属メンバーが多いと当然いろんな声が書き込まれるわけです。

 

「そのサークルでトラブルに巻き込まれたことがありますか?」

「そのサークルで自分以外がトラブルに遭ったことがありますか?」

「そのサークルではコールや一気飲みの強制はありますか?」

「そのサークルでは未成年への飲酒を黙認していますか?」

 

そんな質問がたくさん並ぶと、1つや2つ該当する項目がどんなサークルの場合も出て当たり前でしょう。

 

多くのサークルの場合、ノリでコールなどが行われているのが現状ですし、サークルが大きくなると恋愛関係のもつれなどの問題が1つや2つ耳に入ってきて普通です。

 

その意味で、「要注意サークルリストに名前があるから危険」「名前が無いから大丈夫」と考えるのは意味がないと思います。

 

東京大学誕生日研究会の例

 
東京大学
 
現に、つい先日問題となった東京大学生のダミーサークル「誕生日研究会」のサークル名はここに挙がっていません。けれどもその悪事は度を過ぎていたとしか言えません。

 

報道されている範囲では「みんなでお誕生日を祝おう」というハードルの低いイベントでたくさんの女の子を飲み会に勧誘し、そこでスピリタスを混ぜた高度数のアルコールを飲ませて泥酔させてメンバーのマンションに連れ帰るという手口でした。

 

その後、集団でマンションに連れ込んだ女の子を全裸にした挙句に、胸やお尻を殴る蹴るの暴行を加えて、さらにエスカレートしてからは熱湯を注いだカップラーメンを頭からかけたり性的な行為を行ったり、もはや常軌を逸したレベルの行為でした。

 

この事件はその後裁判にまでなり、マスコミもその挙動を連日報道でとりあげたのですが、このようなケースは学生の間でもほとんど聞いたことがありませんでした。

 

ただ、今回の誕生日研究会が大きく話題となったのも、それを行ったメンバー全員が現役の東京大学生および東京大学大学院生だったというところがあったからでしかないでしょう。

 

もし、同じ行為を行ったのが別の無名な大学生であった場合にこれだけ報道の対象となったかというと、それは疑問です。

その意味で、ここまでに見てきた「要注意サークルリスト」の場合と同じ「有名税」であった部分も否定することはできないでしょう。

 

柑橘系サークルはヤバいの真相

 

そして、学生の間でよく噂として語られるのが、”柑橘系の名前のサークルは危ない”ということです。

 

例えば”オレンジテニスサークル”、”ファッションサークルレモン”というようなものです。

この話は学生内では割と有名な話なので、そうあからさまに柑橘系のサークル名にすることは考えられないですが、事実僕の大学にも柑橘系の名前をつけられたテニスサークルがいくつもあり、そのサークルは飲み会が激しいことでも知られており、単なる噂レベルで片付けられないと思います。

 

多くの方がそのような悪質なサークルはテニスサークルなどのいわゆる”イケイケ”な人によって作られており、地味なタイプの男性が多いところは違うのではないかと誤解していますが、そんなことはありません。

 

意外に普段女性に縁のないような地味目の男性が共謀して仕掛けるなんてことも充分考えられます、事実、先ほど僕の実体験として紹介したサークルの構成員は決して見た目が派手なタイプではありませんでした。

ですから、どんなサークルでも油断せずにしましょう。

 

「私が入ろうとしているサークルは女の子が多いし、みんな優しいから大丈夫!」なんて安心するのも大きな間違いです。

早稲田の悪名高き、スーパーフリーも読者モデルなどの小綺麗な女性を使い新入生を安心させ、勧誘していたのです。

ですから、女性が多いから安心だということは決してありません。

 

最近では「ミスコンのポータルサイトに掲載してあげる」いう体で女性を集めている慶應義塾大学のメンバー中心のサークルが存在したり、勉強会を装って女性に近づくなど手口が巧妙になっていると言われています。

多くの悪質なサークルは大学慣れしていない純粋な女性をターゲットにしていると言われています。

 

組織化して犯罪を起こすケースもある

 

今から15年前に早稲田大学を中心としたインカレサークルが起こした集団輪姦事件は通称「スーパーフリー事件」と呼ばれ、当時サークルの印象が地に落ちる事態となりましたが、その際「スーパーフリー」では集団レイプに至らせるまでの具体的な進め方、トラブルとなった際の事後処理までがすべてマニュアル化されていたそうです。

 

「スーパーフリー事件」に関しては、主要なメンバーは逮捕されたものの多くの残党が各大学におり、そのマニュアルが流失しているという恐ろしい噂があります。

2014年に問題になった明治大学のテニスサークル、クライスの手口もスーパーフリーと似ており、スーパーフリーの影響が指摘されています。

ですから、この噂もあながち間違いではないかもしれません。

 

基本的に、大学生の間で類似した事件は何年かごとに定期的に発生してしまっているのが現実です。

噂などは話半分だとしても聞いておいて損はないことでしょう。

Recommend-関連するオススメの記事-

後 援

JIHDO 公益財団法人 国際人財開発機構

協 力

FRESH! by AbenaTV

pagetop

Copyright© 大学生活を有意義にする実行委員会. All Rights Reserved.